沿革 

昭和20年(1945年)創業者前田茂が大阪市旭区に旭東電気研究所を設立
昭和24年(1949年)株式会社に改組。旭東電気株式会社を設立。資本金70万円
昭和42年(1967年)旭東電気グループとして鳥取に東陽電気株式会社を設立。プリント基板実装生産工場となる
昭和45年(1970年)業績拡大を図り、鳥取にステップ電気株式会社を設立。液晶モジュール、プリント基板実装工場となる
昭和48年(1973年)漏電しゃ断器専門工場として岡山旭東電気株式会社を設立。メカユニットの組立の受注生産工場となる
昭和49年(1974年)大阪中小企業投資育成会社の投資を受け、資本金7,500万円
昭和58年(1983年)漏電しゃ断器JIS表示認定工場となる
昭和62年(1987年)資本金9,450万円に増資
昭和63年(1988年)事業拡大の為に、鳥取に鳥取旭東電気株式会社を設立
平成04年(1992年)中国広東省広州市にてブレーカー及び委託生産加工を開始
平成06年(1994年)香港旭東有限公司設立。 中国・広州番禺旭東阪田電子有限公司設立(羅家工場)
平成10年(1998年)新社屋完成
平成11年(1999年)創立50周年を迎える。安全ブレーカ販売1億台を達成
平成13年(2001年)大阪府小額私募債による社債発行:1億円
平成15年(2003年)ISO14001取得、中国・広州市旭昇電子有限公司設立
平成16年(2004年)ISO9001取得
平成16年(2004年)中国・上海旭統精密電子有限公司設立
平成17年(2005年)グループ統合に向け、東陽電気(株)、岡山旭東電気(株)、鳥取旭東電気(株)を旭東電気(株)とステップ電気(株)に吸収合併
平成17年(2005年)香港・旭東中国有限公司設立
平成21年(2009年)中国・広州市番禺区に第二工場設立(潮田工場)
平成22年(2010年)企業基盤強化の為、ステップ電気(株)を吸収合併
平成22年(2010年)旭東電気岡山工場を鳥取工場に集約
平成23年(2011年)資本金1億450万円に増資
平成24年(2012年)大阪本社内に旭東電気グループ開発センター開設
平成24年(2012年)中国・上海旭統精密電子有限公司新工場(B棟)を竣工
平成25年(2013年)資本金1億4860万円に増資
平成27年(2015年)旭東中国有限公司を旭東国際投資有限公司へ社名変更
平成28年(2016年)ベトナム・旭東ベトナム有限会社設立
平成28年(2016年)ISO13485取得

ページトップへ戻る