品質方針

旭東電気株式会社は、下記の「基本理念」と「品質に対する基本的な考え方」を掲げる。

基本理念

ISO13485-2003登録証(2016.12.16登録日)

ISO13485

ISO9001-2015登録証(2017.02.17改訂日)

ISO9001

お客様が要求される品質を、私達旭東グループは、

1)良い企業づくり
2)良い人づくり
3)良い物づくり

に徹し、全社が一丸となって、「夢を実現する作戦-DRO作戦」に参画し、グローバルに、 かつ、強力に水平展開していきます。

品質に対する基本的な考え方

1.品質の良し悪しはお客様が決めるもの

当社の品質に対する基本的な考え方は、旭東グループ経営理念における「常に顧客満足を追求する」ことで作り出せると確信します。
すなわち、“お客様に最高の満足と誠意をお届けする。”と言うことです。
虚心にお客様の声を聞き、 本音に迫る努力を積み重ね、そうした努力が“お客様の満足”をより多く得られる商品、サービスを作り出せると確信します。

2.品質は企業の命なり

「お客様から評価されない品質は、淘汰される」と云う考えは、旭東創業以来の精神です。
お客様の信用は、商品とサービスを通じて得られるものであり、良い品質を継続して
提供しなければなりません。すなわち、品質は企業の存続・発展を可能にします。

3.品質は全拠点、全部門で取り組むもの

良い品質やサービスを継続して提供し、会社の信用を築き上げていくことは、個人や特定の部署だけできるものではありません。
全員参加の一貫した品質システムをつくりあげ、日々改善していくことが原点になります。

2012年4月1日
旭東電気株式会社
代表取締役社長   北村 文秀

ページトップへ戻る